マナビジョンブック 先生版
お申し込み
ホームに戻る
お申し込み マナビジョンブックの紹介 活用事例 大学・高校の動き 活用サポート よくある質問
学問発見ナビ 活用事例
高校インタビュー
白梅学園清修中高一貫部 佐藤隆太先生の場合

関心のある大学を生徒自身の手で
調べるような指導を心掛ける。

白梅学園清修中高一貫部:東京都小平市に所在する私立女子中高一貫教育の学校。進路指導部長の佐藤隆太先生に話を伺いました。

活用いただいた状況を教えてください。

7月2日の進路指導を行うLHR(ロング・ホーム・ルーム)で5年生(高校2年生)26人全員に「学問発見ナビ」を配付しました。 冊子を配付する際は、例えば、心理学ならこのページを見て学びの内容を確かめて、さらに心理学を実際に学べる大学を基本情報で確認し、志望校を決めようと説明しました。

関心のある大学が見つかったら、冊子に付いているハガキから資料請求をしたり、オープンキャンパスの日程を調べたりする様子が見られました。

5年生には、夏休みに2校はオープンキャンパスに行く指導もしています。「学問発見ナビ」は、その開催情報も掲載されているので活用しやすいですね

このワークには、どのような狙いがありますか?

7月9日に受験する進研模試の前に、志望校の幅を広げさせることが大きな目的です。生徒が学びたいと思う学問分野を見つけて、その学問が学べる大学を生徒自身の手で見つけさせるようにしています。その大学の情報を調べ、オープンキャンパスで実際に訪問するような流れを考えています。

ワークをした後の生徒に変化はありましたか?

第1〜第4志望校くらいまで明確になった生徒は、その後、夏休みにオープンキャンパスに参加することで、志望順位が変わることもあるようです。その大学の学びが、自分が学びたいことと違うと感じた生徒は、他の大学の情報を調べ、再度、志望校を検討します

オープンキャンパス参加後のレポートは、情報の授業と連携してパワーポイントで作成します。そのレポートを夏休み明けに1人ひとりが発表し、夏休みの成果を報告します。その報告によって、みんなで情報を共有するとともに、その発表は志望校を明言する意味もあります

高校 HPアドレス:https://seishu.shiraume.ac.jp/

全国の先生からのコメント

2020「学問発見ナビ」高校教員アンケートより

校外テストで志望校記入が始まる時期なので、大変役に立っています。ホームルームで配付し、「学べる大学みつかるシート」を記入させる予定です。(東京都 公立高校)

夏休み前のホームルームで、オープンキャンパスに参加するための動機付けとして活用。総合学習の時間の宿題としました。(東京都 公立高校)

ホームルームの時間に配付し、オープンキャンパス・チェックシート等の記入をさせました。(愛媛県 公立高校)

総合学習の時間で、2年生が1年生に大学研究や学部・学科研究の成果を発表します。その際の調べ学習の一つとして配付しました。(千葉県 公立高校)

大学発見ナビ
高校生活スタート号 活用事例
学問発見ナビ 活用事例
大学発見ナビ 活用事例
志望校検討ガイド 活用事例
験校決定 PERFECT BOOK (生徒版) 活用事例
マナビジョンブック 保護者版 活用事例
Web進路講演
Benesse マナビジョン

前のページに戻る